験、し、
す。

野村では、国籍、人種、性別、性自認、性指向、信条、社会的身分、障がいの有無に限らず、それぞれの価値観や経験、働き方などの多様性を尊重し、互いに認め合い、社員一人一人が自らのもつ能力や個性を発揮し、活躍できる環境づくりのため、「ダイバーシティ&インクルージョン」を推進しています。ダイバーシティ(多様性)と、インクルージョン(一体性)を推進することが企業価値の向上につながると考えています。

ダイバーシティ&インクルージョン推進体制

トップダウンとボトムアップの両輪で推進していることが野村の特徴です。

ダイバーシティ&インクルージョン推進委員会

2016年4月に、野村ホールディングスではグループ会社及び各部門の代表で構成する「グループ・ダイバーシティ&インクルージョン推進委員会」、野村證券では各部門の代表に加え従業員組合の代表で構成する「ダイバーシティ&インクルージョン推進委員会」をそれぞれ設置しました。委員会では様々なテーマについて審議し、すべての社員が自分の持てる能力と個性を最大限発揮し、いきいきと働ける職場環境づくりのためにトップダウンで取り組んでいます。

ダイバーシティ&インクルージョン推進委員会

グループ・ダイバーシティ&インクルージョン推進宣言
NOMURAの仕事と介護の両立支援宣

社員ネットワーク

野村には社員が業務時間外に自主的に運営する3つの社員ネットワークがありボトムアップで活動しています。

「ウーマン・イン・ノムラ」:女性活躍推進
「ライフ&ファミリー」:健康・育児・介護
「マルチカルチャーバリュー」:マルチカルチャー・LGBTA・障がい者

各ネットワークでは活動に賛同する役員がスポンサーとして2名ずつサポートし、社内外から講師を招いての講演会、展示などの啓発イベント、外部協賛など、様々なイベントをネットワークメンバーが自発的に企画・運営しています。

社員ネットワーク

柔軟な働き方の推進

Nomura Work Style Innovation

多様な人材がその能力を最大限に発揮し、活躍することができる環境を整備するため、2017年より「Nomura Work Style Innovation」として働き方改革と健康経営に取り組んでいます。また、2018年には「NOMURAの柔軟で働きやすい職場づくり宣言」を採択し、柔軟な働き方の更なる推進を図っています。 この方針のもと、在宅勤務制度や時間単位で柔軟に休暇を取得できる制度の導入、人間ドックおよび二次検査受診のための休暇の新設、自己研鑽サポートの拡充等を行っています。

Nomura Work Style Innovation

女性活躍

野村證券では、女性社員がやりがいと働き続ける意識をもち、さまざまなライフイベントと仕事を両立しながら働き続けるための環境を整えています。具体的には、女性の意識改革やスキルアップの機会の提供、管理職に対しての研修などを実施しています。

女性社員に対する取り組み

先輩社員を囲んだ座談会や女性ロールモデル社員の紹介
管理職一歩手前の女性を対象としたキャリアデザインを考える研修
産育休前後社員に対して育児との両立、キャリア意識を醸成するためのDVDの配布
地域限定総合職が、配偶者の転勤等を理由に退職することなく勤務地を変更できる制度

管理職に対する取り組み

時間制約のある社員など多様な人材をマネジメントするための研修
産育休前後のキャリアと両立に関する面談のサポート

管理職に対する取り組み

野村證券の女性活躍に関する行動計画は以下をご覧ください。
・野村證券 行動計画
・厚生労働省 女性の活躍推進企業データベース

両立支援

野村では、社員が仕事と子育て・介護の両立を可能にするため、すべての社員にとって働きやすい環境整備と風土醸成に取り組むとともに、社員がそれぞれ持つ能力を最大限に発揮できるよう、さまざまな制度を用意しています。

育児の取り組み

法定を上回る育児休業や育児時間制度を設けており、管理職と産育休取得社員との定期的な面談の実施や、法人契約託児所の設置等のサポート体制を整えています。また、男性社員の育児休暇取得推進など仕事と子育てを両立させるためのワークライフバランス支援にも取り組んでいます。

介護の取り組み

法定を上回る介護休業や休暇、介護時間制度を設けるとともに、「介護相談サービス」による情報提供、介護セミナーの動画やハンドブックを用意する等、介護しながら働き続けることのできる職場環境づくりにつとめています。また、「NOMURAの仕事と介護の両立支援宣」により、社員への支援姿勢を明確にし、取り組みを推進しています。

認証

くるみん

野村證券では、仕事と子育てを両立させるための継続的な取り組みの成果が認められ、2007年より次世代育成支援対策推進法に基づく厚生労働大臣による認定を取得しています。

トモニン

野村證券では、厚生労働省より「仕事と介護を両立できる職場環境」の整備促進のためのシンボルマーク(愛称:トモニン)を取得しています。

くるみん
トモニン

LGBT

LGBTを含む性的マイノリティに対しても社員の多様性の1つと捉え、LGBTの当事者が安心してやりがいを持って働くことが、企業価値の向上へ繋がると考えています。そのためにLGBTに関する差別を禁止した規程の整備、ダイバーシティ研修の実施、同性パートナーやトランスジェンダーに関する制度の整備、そして社員ネットワークによる理解促進の活動などを行い社内風土の醸成に努めています。

アライになろう

「LGBTアライになろう」というスローガンのもと、当事者でない社員へもLGBTへの啓発を広めています。

LGBTアライ

認証

PRIDE指標

3年連続ゴールドを受賞、2016年・2017年はベストプラクティス企業に選定されました。

PRIDE指標

障がい者

方針・目的

障がい者の方に対しても、幅広い雇用機会を提供しています。障がい者の方が意欲をもって働けるよう、担当の業務を職場ごとに話し合いながら柔軟に決めており、能力に適合する職業に就くことを通じて、その職業生活における自立を促し、職業の安定を図っています。野村證券では、さまざまな部署で障がいをもつ社員が活躍しています。

障がい者スポーツ支援

日本パラバレーボール協会のスペシャルトップパートナーとして、シッティングバレーボール競技を支援しています。役職員向けに体験会の開催や全国大会への参加などを通じ、障がい者スポーツの素晴らしさや楽しさを伝えていくことで、障がいを持つ方への理解に繋げていきます。

障がい者スポーツ支援
エントリー締切まで
{{ daysUntilDeadline }}
DAYS
エントリー締切
本日
まで
採用エントリー受付中!
エントリーする