営業部門について

営業部門が手掛ける資産運用等に関するコンサルティング営業。そこで大きな強みを発揮するのが、野村グループの有する豊富なリソースです。お客様のニーズに応じて即座に商品を提供できる機能をはじめ、質の高いリサーチ機能、投資銀行機能など、各分野の卓越したノウハウを活用することで、付加価値の高いコンサルティングビジネスを実現。こうした取り組みにより、お預かり口座数は全国の証券会社の21.5%を占める534万口座となっています。預かり資産においても100兆円を超えており、日本で一番選ばれている証券会社です。

お客様のニーズが多様化、複雑化している今、野村證券の営業部門は、先端かつ高度な商品・サービス提案力を発揮し、こうしたニーズに的確に応えています。株式や債券、投資信託、年金保険など豊富なラインアップに加え、預金などの銀行代理店業務、不動産売買の紹介、遺言執行・遺産整理における信託代理店業務を展開するなど、総合的な金融サービスを提供できるよう商品・サービスの充実を図っています。

投資アドバイスや商品供給、資金調達、企業金融アドバイスなどグローバルなサービスを提供できる環境を整備することにより、付加価値の高いサービスの提供を実現しています。

営業部門について

各課について

ウェルス・パートナー課

ウェルス・パートナー課は、全国の支店において個人のお客様の資産管理やご法人様の経営・財務戦略など多様なソリューションを提供しています。株式や債券、投資信託などの金融商品をはじめ、相続、事業承継など多様な専門性を用いて様々なお客様のニーズにご対応しています。

ライフ・パートナー課

ライフ・パートナー課は、ゆとりたいあパートナーとハートフルパートナーという2つの役割に分かれております。ゆとりたいあパートナーはお客様のセカンドライフの実現に向けて、お客様のライフスタイルや、ご家族およびご資産の状況などに合わせた適切なご提案をさせていただきます。ハートフルパートナーはご高齢のお客様とそのご家族の想いに寄り添い、暮らし・健康・資産に対して包括的にサービスを提供することで長寿社会に貢献しています。

ファイナンシャル・パートナー課

ファイナンシャル・パートナー課は、当社においてもっとも多くのお客様を担当しています。店舗での対面コミュニケーションに加え、オンラインサービスやメールを活用した非対面のデジタルコミュニケーションによって資産形成サービスを提供しています。様々な角度から、幅広い年齢層のお客様にご満足いただけるご提案を目指しています。

法人課

主に金融機関、自治体、学校法人、宗教法人、財団法人、医療法人等を対象に、総合的な金融サービスを提供しているのが法人課です。株式や債券、投資信託といった金融商品の提案に留まらず、お客様の経営状態や事業ビジョンに即した資産管理やファイナンスの方法をコンサルティングしています。法人課が担う役割の本質は、金融資本市場において「適切な資金循環を促し、実体経済に貢献していく」ことに他なりません。野村グループのあらゆるリソースを駆使して、法人のお客様の更なる発展に貢献することを目指しています。

総務課

総務課では、事務オペレーション等の業務面とコンプライアンス等の管理面から、全国の各支店を支える役割を担っています。総務課の主な業務としては、全国の各支店における「取引管理」があげられます。取引管理とは、支店の営業担当者が日々行っている営業活動が、法令諸規則を遵守して行われているか、あるいは法令諸規則に違反していないとしても社会的要請に反する行為がないかどうかを確認する業務です。その意味では「支店のコンプライアンス」を一手に担う存在であり、支店の経営においてもきわめて重要な位置づけとなっています。