事。
力。
2009

仕事も、ライフイベントも大切にしたい。
キャリアを長期的に考えて地域に根ざした働き方に。

野村證券を志望した理由

大学時代に社会学や政治学を専攻していたこともあり、社会の様々な動きに関心がありました。「金融」であれば仕事を通じて社会を俯瞰的に見ることができるのではないか。そう考えた私は特に社会の変化と密接にかかわる、証券業界を志望するようになりました。なかでも野村證券に惹かれた理由は、業界NO.1と言われる企業で一流のビジネスやサービスを学びたいと考えたからです。就職セミナーなどでお会いした社員の方々も、熱意に満ち溢れた方が多く印象的でした。また、インストラクター制度をはじめとした「人材育成制度」が充実していると聞き、こうした環境なら社会人として成長できるに違いないと入社を決意しました。また、当時から長く働いていきたいと考えていたため、結婚や育児等ライフイベントも含め考えたうえで、転居を伴う異動のない働き方を選びました。

一人ですべてに対応することはできない。
だから人を頼り、助け合うことで成長ができる。

仕事の難しさ

現在は上場企業のオーナーであるお客様に対して、相続対策や事業承継などのソリューションを提案するプライベート・バンキング業務に携わっています。金融はもちろん法務や税務の知識など、高度な専門性が求められる仕事です。当然、一人ですべてに対応することは難しいため、社内の専門部署やグループ会社、社外の税理士や弁護士と協業する機会も数多くあります。異動した当初、先輩社員が私のために数多く勉強会を開催してくれたこともあり、専門知識を身につけ、少しずつチームに貢献できるようになりました。最近、先輩と一緒に携わった案件で、創業家オーナーのお客様から「たいへん良い提案をしてもらった。ありがとう」という感謝のお言葉をいただきました。一歩一歩ではありますが、日々の努力が実を結びつつあり、手応えを感じています。

どんなときでも学びの姿勢を忘れない。

成長のものさし

入社以来、私は様々な部署で経験を積んできました。新卒で入社して数か月後に配属されたのは、秘書室でした。そこで約3年間を過ごした後、企業年金関連の法人営業を行う部署に4年ほど在籍。入社当時は同期が支店の最前線でコンサルティング・ビジネスのスキルを磨く中、時に複雑な想いを抱くこともありました。しかし、役員と直に接する秘書業務では経営的な視点を学び、法人営業ではチームで協業することの大切さを知ることができ、貴重な経験を得ることができました。これらの経験を通じて、あらためて「多様な人材によるチーム力こそが野村證券の最大の強み」だと実感しています。今後は、これまでの経験や知識を活かしつつ、支店で活躍する同期とも連携し、チームとして一層お客様に貢献していきたいと考えています。

「もっと、あなたの個性を出していい」

印象に残ったひとこと

ある上司からいただいた言葉です。米国の現地法人で投資顧問業務に携わり、富裕層へのコンサルティングの経験も豊富な非常に尊敬できる方です。お客様へのご提案に際して、いつも的確なアドバイスをしてくれます。「お客様が抱える課題を解決するためのソリューションはいくつも考えられる。どれを選ぶかは、あなた次第。お客様にとって何が大切なのかを考え抜いたうえで、あなたがいちばん良いと思うものを提案しなさい。そこには自分の個性を出していいから」と言われました。プライベート・バンキング業務は自分自身の価値観が問われる仕事です。私だからこそできる提案に努めなければと、あらためてこの仕事の魅力と奥深さ、責任の重さを実感することができました。

勝山 麻美
本社機能
2009年入社

チャンスがあれば、海外と関わる仕事も。

元々、海外に関心を持っていた私は、学生時代に1年間の留学や、海外インターンシップを経験しました。秘書室時代には、外国からのお客様をアテンドする機会もあり、幸運にも学生時代の経験を活かすことができました。今後は、お客様のニーズが多様化している中で、国際税務など海外の制度について理解を深め、グローバルな案件に対応できるようになりたいと思っています。努力次第でキャリアの幅を広げられるフィールドがあるところも、野村證券の大きな魅力だと思っています。

OUR PEOPLE
社員紹介

エントリー締切まで
{{ daysUntilDeadline }}
DAYS
エントリー締切
本日
まで
採用エントリー受付中!
エントリーする