に、る。
2014
野路 麻衣
営業部門
2014年入社

教師になる夢を持っていたが、まずは人間的な成長がしたいと考え、野村證券に入社。地元・北陸の支店に勤務する。外交で地元の名士と話したり、社内の表彰式や研修などで全国の社員に出会うたび、刺激を受ける日々。

野村證券に入らなきゃ、
損だ!

野村證券に入社した理由

中学生の時から、教師になりたいと思っていました。どんな時も素直でいること、何事も一生懸命に取り組むこと…人として大切な様々なことを先生方から沢山教わってきたからです。自分も教師になり、子供達が豊かな人生を送れるよう、教育の現場で活躍したいという夢を抱いていました。
教員採用試験は大学4年生の夏に行われます。そこで、時間を有意義に使うため、社会勉強の一環として民間企業も見ておこうと考えました。的を絞ったのは、安定したイメージがある金融業界。様々な企業を見て回る中で、野村證券の説明会が私の運命を変えました。
話を伺った社員が一様に、ダイナミックな仕事内容や証券業の醍醐味、将来の夢についていきいきと楽しく話していたのです。「金融業は、想像以上に広大なフィールド。野村で新しいキャリアを一からスタートできること、日本経済や世界経済の発展を牽引する立場になる若い世代の皆さんが、うらやましい」――そんな社員の言葉を聞き、自然と「野村に入らなきゃ損だ!」と強く感じました。教育実習の現場で聞いた「教師は大変だから考え直したほうがいいよ」というアドバイスとは、まさに正反対でした。
まずは社会人として、野村證券で自分を成長させたい。教師に挑戦するのはその後でも遅くないと思い、入社を決意しました。

これから、どれほど大きなスケールの
仕事ができるんだろう。

新入社員時代の思い出

入社当初は、将来のことを考えるよりも、目の前の仕事に一生懸命取り組むことで精いっぱいでした。日々沢山のお客様とお会いしましたが、最初にお取引をいただいたお客様のことは、とても印象深く覚えています。
経験もスキルもない新入社員の自分にできることは、とにかく継続してお客様にお会いすること。真のニーズは何かを知るために、試行錯誤しながら訪問を繰り返す日々でした。そんな折、断られても諦めずに通っていたお客様の先で、大きなご契約をいただいたのです。日々継続してヒアリングを繰り返し行った結果、お客様がご興味を持っておられた商品をタイミングよく提案することができ、1億円という多額のお取引が決まりました。
とても嬉しかった反面、数か月前まで学生だった自分が、想像以上の大きなお取引ができたことに驚くばかりでした。これからこの会社で、どれほど大きな経験ができるのだろうか。期待に胸がふくらみました。
担当エリアが広かったため、自転車で駆け回る日々はとても大変でしたが、そんな時は、近くの支店の同期社員と電話でよく励まし合いました。5年目になった今でも仲が良く、一緒に休暇をとり海外旅行に行ったりしています。

つらい時こそ一生懸命頑張る。

働く上で大切にしてきたこと

働く上で心がけていることは、「つらい時こそ頑張る」こと。営業の仕事は、努力したことが必ず結果に結び付くわけではありません。お客様から「君のやっていることは役に立たない」と厳しいお言葉をいただいたこともあります。そんな時こそ、いつかはお客様のお役に立てると信じて一生懸命頑張る。すぐに目に見える成果が出なくても、訪問したり、電話をしたり、手紙を書いたり、地道なアプローチを続けていくのです。また、心がくじけそうな時ほど、先輩や上司が「頑張ってるね」と声をかけてくれたり、新しい仕事を任せてくれます。自分の努力を見てくれている実感があるから、諦めずに頑張ることができるのです。
また、野村證券には入社年次や年齢など、「何年目じゃないとできない」という考え方は一切ありません。どんなに大きな規模の仕事でもチャレンジすることができます。

自分より優秀な後輩に逢えることが
刺激になる。

成長を促す多くの機会

野村證券の社内で開催される営業キャンペーン。私が初めて入賞したのは、全国若手社員対象の基盤拡大キャンペーンでした。表彰式には、入賞常連の社員も多く出席しており、自分よりも遥かに優秀な社員に出会えたことが大きな刺激になりました。自分も負けていられない、早く追いつきたいと気持ちが引き締まったことを覚えています。
支店の後輩たちにも、自分と同じような経験をしてほしい。そこで今は、私自身の入賞もさることながら、チームとして支店が表彰されるように、後輩社員のサポートも頑張っています。目標が明確だと仕事に対するモチベーションがぐっと上がります。また、入賞社員だけが特別に参加できる勉強会など、知識を深める機会も数多くあり、頻繁に成長の実感を得ています。

必ずお客様のお役に立てるプロになる。

今後の目標

入社時は、経済や金融の知識が全くなく、新聞を読んでも分からないことばかりでした。
でも今は、一つのニュースや出来事について、その背景や今後起こり得ることなどを判断できるようになりました。社会の動きをしっかりと見極めることで、地元の名士や企業経営者のお客様とも、臆することなくお話ができるようになりました。
ただ、私が5年間経験してきたことは、野村でできるビジネスのほんの一部に過ぎないと思っています。全てはこれから。どれだけ多くの経験を重ねて、金融のプロとして専門性を磨くことができるかが今後の目標です。様々な商品やソリューションについて提案の引き出しを増やし、お客様の人生が豊かになるサポートをしていきたい。それは、教師を目指していた以前の目標にもつながっていると思います。私はただ勉強を教えたいのではなく、子供達に幸せな人生を歩んでもらう手助けがしたかったのです。「お客様がどんなお悩みをお持ちでも、必ずどこかでお役に立てる」という信念を胸に、今後もお客様に寄り添うパートナーとして成長していきたいと思っています。