い。
2012

野村證券だからこそ、
と言える金融商品を提供する。

現在の仕事

主に金融機関のお客様が運用している資産のコンサルティング業務に従事しています。特徴は、数量的分析のリサーチャーであり、リスク管理手法などのソリューションを提案するコンサルタントでもあるということです。

社内の営業担当者から、お客様の財務状況やリスクを削減したい等、お客様のニーズをヒアリングし、定量的に分析します。さらに、お客様が目指している方向性や、自己資本規制や制度変更などを考慮し、「どうすれば効率的な運用と適切なリスク管理が両立できるか」、「野村證券として提供可能な商品は何か」という観点で、ソリューションを提供しています。野村證券はオーダーメイドで組成できる金融商品の幅が広いため、お客様にとって最適なアクションを起こしていただくことが可能です。また、機関投資家のお客様に提供しているポートフォリオ管理システムについて、全国各地でセミナーを開催しており、私が講師を務めることもあります。このような取り組みは「将来を見越した長期的な視点で、お客様との関係の構築」につながると理解しています。

「提案できることを徹底的に探そう」

印象的だった仕事

「リスク計測の高度化について、野村證券とディスカッションがしたい」。大手金融機関から、リクエストをいただいたことがありました。お客様は、自社でリスク管理をしているものの、「複数の証券会社から客観的な意見を聞きたい」というご要望でした。「よし、お客様に対して、ご提案できることを徹底的に探そう」。早速、私たちのチームはリスクを計測し、「デリバティブを組んで、リスクヘッジを試みてはいかがですか」、「我々の計測ではこのような枠組みになりました」という具体的なソリューションを提案させていただきました。提案する中でお客様のご意見を伺っていると、次第に有益なアイデアが生まれはじめ、徐々に内容をブラッシュアップしていきました。

ご要望当初は単なるディスカッションだけの予定でしたが、最終的にはご提案内容を採用いただき、お取引いただくことができました。金融機関が保有している市場リスクの観点から、企業の有り方を考えるという、意思決定プロセスに携わる醍醐味を実感しました。

「海外で自分の力を伸ばしたい」

今後のキャリア

日々、対峙するお客様や提案内容など、仕事の幅が広がるのに相俟って、今まで内に向いていた視線が徐々に外の世界に広がり、「海外で学びたい」という気持ちが自然に湧いてきました。周りの人を巻き込んで成熟度の高い仕事をするには、組織マネジメントや企業統治を体系的に学ぶ必要があると感じたからです。また、先日も、日本の保険市場に興味があるというアジアのお客様にレクチャーをする機会があり、語学力を磨く必要性も実感しています。入社後、国内のお客様に対して培ってきた分析手法やアプローチ手法は、海外のお客様に対しても活かせると思っています。

ある日、海外留学の希望を上司にプレゼンすると、「わかった。頑張って来い」と一言。2018年の夏から2年間の留学を予定しています。野村證券は、自ら新しい場所に行き、新しいことを創造しようと挑戦する社員を応援してくれる会社です。これまでの経験に加えて、留学経験を上積みし、まだお取引いただけていないお客様と、新しい形のお取引を創り出していくのが今後の目標です。

※2018年夏より、アメリカにMBA留学中

「なぜ?」と問い続けることで
「生きた情報」が生み出せる。

入社後の育成体制

学生時代、私は経済学を専攻していたため、現在の仕事に直接関係する定量分析の知識やリサーチ経験はありませんでした。入社後はインストラクターである先輩社員の指導を受けながら、お客様の情報を分析し、プレゼンテーション用の資料に落とし込む業務を繰り返し経験しました。その過程で「なぜ、先輩はこの情報を拾ってきたのか」、「なぜ、このような計算をするのか」、資料に込められた一つ一つの内容を次第に理解できるようになりました。それが理解できるようになって初めて、コンピュータを使ったシミュレーションを<生きた情報>としてお客様に届けられるようになりました。また、お客様との打ち合わせに同席し、先輩社員が説明する様子を聞きながら、「どのようにしてお客様のお悩みに寄り添い、説明するのか」といった具体的なノウハウを吸収していきました。

今後も引き続き、自分の頭で「なぜ」を繰り返して考え抜きながら、新しい挑戦を繰り返すことで、自分の壁を乗り越えていきたいと考えています。また、先輩社員が成長機会を与えてくれたように、後輩に対しても野村證券のDNAをしっかりと継承していきたいと考えています。

夏原 孝史
ホールセール部門グローバル・マーケッツ(※取材当時)
2012年入社

思い立ったら、すぐ海外へ

休暇中は、よく海外へ出かけます。私の旅の特徴は「一点集中型」で、アメリカ旅行では、ヨセミテ公園にある「ジャイアントセコイア」という大きな杉の木を見ることが目的でした。インド旅行では、世界一美しい霊廟のタージ・マハルに惹かれて見に行きました。「これを見る」、「ここに行く」と決めたら、ホテルも予約せずに目的地へ向かう。そんな旅のスタンスは、社会人になった今でも変わっていません。