部門紹介

営業部門

営業部門について

創業者である野村徳七の精神「自己の利益よりも顧客の利益を先にす」。これは営業部門の源流として、今もなお受け継がれています。野村グループの有する豊富なリソースを活用し、お客様のニーズに応じて即座に商品・サービスを提供できる機能をはじめ、質の高いリサーチ機能、投資銀行機能など、各分野の卓越したノウハウを活用することで、付加価値の高いコンサルティングビジネスを実現しております。

営業力は、野村の屋台骨

■求められる期待値が高いから「強い」
若手のときから、お客様と対話する中で、高度な情報提供が必要とされる機会が多くあります。社内外ともに視座の高い人たちと触れ合うことで、たしかな「営業力」が養われていくことに加え、高いレベルの“当たり前”が求められることが「強さ」につながっています。

■プロとしてのプライドがあるから「強い」
人生経験豊富なお客様からのご期待に応え続け、信頼関係を深めていくためには、プロとして日々専門性を磨いていかなければなりません。「目指すのは、今以上の未来」という想いで、お客様のために知識をアップデートしていく。常に変化するマーケットの中で、最高の提案を追い求める姿勢は「強さ」の所以の1つです。

■日本一のナレッジがあるから「強い」
私たちには、これまでお客様の多様なニーズやあらゆる状況に応えてきた、という実績があります。そのため、有するナレッジは日本一です。国内外問わず、部門間で協働し、お客様に向き合う。高度なコンサルティング能力とそれを支えるプラットホームが整っており、すべてのお客様に野村の総合力を活かした商品・サービスが提供できるのは、業界トップとしての「強さ」です。

いま、何が求められるのか。時代に選ばれるために常に新しく。

長い歴史を経て、次の時代へと変革していく。そのためには、これまで培ってきた野村の良さを継承しながら、新たなものを取り入れる必要があります。お客様のニーズをいち早く察知し、満足度の高いサービスを提供するため、お客様一人ひとりに合わせて関係を構築していきます。また、地域金融機関等の第三者との提携推進によるビジネス拡大への挑戦もしています。さらに、チャネル・フォーメーションの見直しとデジタルインフラの整備をすることで、社員の生産性が高まり、お客様に安定した商品・サービスをご提供しています。

各課について

ウェルス・パートナー課

全国の部支店において「法人・オーナー領域」、「富裕層領域」にパートナーを配置しており、資産運用のコンサルティングに留まらず、総合的な金融サービスを提供しています。
株式や債券、投資信託などの金融商品の提案だけでなく、法人顧客の本業の課題解決や事業承継対策の為のソリューション提供、個人富裕層のご資産全体の課題解決の為のソリューション提案、資産家ファミリーの相続・資産承継ビジネスの展開など専門性の高い情報を用いて様々なお客様のニーズにご対応しています。

ファイナンシャル・パートナー課

当社においてもっとも多くのお客様を担当しています。デジタルを活用し、効果的かつ効率的な接触を行い、多くのお客様と持続的なコミュニケーションを取ることを目指します。お金のお悩みにお応えする「金融資産のコンサルティング」と長期的な伴走を通じてお客様が豊かになることに貢献します。

企業金融課

支店担当の上場法人、未上場法人等に対して、投資銀行業務、マーチャント・バンキング業務等の企画立案、推進を行っています。債券・株式の引受、M&Aアドバイザリー、IPO支援、為替や金利ヘッジを含むソリューションのご提案など、さまざまな投資銀行サービスをお客様にご提供するために、本社部門と連携しながら業務を推進していきます。

法人課

主に金融機関、自治体、学校法人、宗教法人、財団法人、医療法人等を対象に、総合的な金融サービスをご提供しています。株式や債券、投資信託といった金融商品の提案に留まらず、お客様の経営状態や事業ビジョンに即した資産管理やファイナンスの方法をコンサルティングしています。野村グループのあらゆるリソースを駆使して、金融資本市場において「適切な資金循環を促し、地域経済に貢献していく」ことを念頭に、法人のお客様の更なる発展に貢献しています。

総務課

全国の支店において、コンプライアンスの推進や各種管理業務に取り組んでおり、支店経営においてきわめて重要な役割を担っています。主な業務としては、法令諸規則やルール・制度の周知・徹底、オペレーションやサポート業務に加え、より質の高い提案に向けたパートナーへの提言を行っています。お客様に選ばれる金融機関を目指し、パートナーの良き相談役として、支店を支えています。