部門紹介

インベストメント・バンキング

役割・機能

インベストメント・バンキングでは、国内外の事業会社、金融機関、国や政府機関、フィナンシャル・スポンサーなどのお客様に、債券・株式の引受、M&Aアドバイザリー、為替や金利ヘッジを含むソリューションの提案など、さまざまな投資銀行サービスを提供しています。野村のインベストメント・バンキングは、経験と実績に裏打ちされた高い案件組成能力と執行力、そして世界中に張り巡らされた強固なネットワークを有することで、日本はもとより、グローバルにビジネスを展開しています。今後は、クロスボーダーM&Aや顧客のニーズに合わせた資金調達、金利・為替関連取引等のソリューション・ビジネス、ESG関連ビジネスなど付加価値の高い商品・サービスに一層注力していきます。

業務紹介

カバレッジ

顧客企業を担当し、カバレッジバンカーとして顧客と野村のリレーションシップを構築・強化する役割を担います。企業との日々のコミュニケーションを通して経営や財務の課題をキャッチし、M&Aや株式・社債を通じた資金調達等の各種ソリューションの提案を行います。野村が提供できる様々なサービスを駆使して顧客企業の事業活動を推進させるためのサポートを行います。

M&A

国内外の企業等の法人における合併・買収・売却、業務提携等のアドバイスを行っています。買収対象先の選定や企業価値の算定(バリュエーション)など、必要な手続きを行いながら交渉を進め、案件の合意にいたるまでお客様をサポートします。案件執行に際しては、弁護士、公認会計士などの社外の様々な専門家を交えながら案件執行を推進していきます。

ファイナンス

株式や債券等を通じた資金調達をサポートしています。一般的に資金調達は金融機関等からの借入による間接金融と、社債券や株式等による有価証券を用いた直接金融に大別されます。証券会社が担う直接金融の領域における具体的な資金調達の手法としては、企業の新規上場(IPO)や株式発行による増資、社債発行、株式と社債の中間に位置する新株予約権付社債、劣後債、ハイブリット債などの発行等があります。

ソリューション・ビジネス

M&Aやファイナンス案件に付随する為替や金利ヘッジ取引、保険会社向け取引、株式関連取引などの多様なソリューション商品を提供しています。