い。を、
所。
2016

かっこいい女性になりたい。

野村證券を選んだ理由

就職活動をはじめた当初は、金融業界ではなく、総合商社の一般職を志望していました。しかし、さまざまな企業を訪問するなかで、徐々に「総合職として働く女性」に魅力を感じるようになっていきました。やりがいのある仕事を任され、自分自身が主体となってビジネスを生み、成果を出していく女性の先輩たちに憧れて、「私もそんなキャリアを積んでみたい」と総合職志望へと切り替えたのです。なかでも野村證券は、社員の方々が口々に「ここなら成長できる」とおっしゃっていたことが印象的でした。一方で、きちんと目標を持ち、お客様のために努力していく「仕事の厳しさ」も包み隠さず話してくれました。やりがいのある仕事にチャレンジでき、かつ地域に根ざしてキャリアを重ねていける。そのような働き方が自分には理想的だと考え、野村證券を選びました。

インストラクターあってこその私。

入社1年目に実感したこと

東京都内の支店に配属された後は、口座はあるものの、最近お取引がないお客様へ営業することになりました。最初はお客様に電話するだけで緊張してしまい、受話器を持つ手が汗で濡れるほどでした。私は事務処理の手続きなどを覚えることが得意ではなく、支店内で迷惑をかけてしまい、落ち込んでしまうこともよくありました。そのたびにインストラクターが「同じ失敗を二度繰り返さなければいいから。隈本さんの良さは目の前のことに一生懸命になれること。お客様のことだけ考えて頑張って」と勇気付けてくれました。インストラクターの言葉に、何度救われたかわかりません。インストラクターがいなければ乗り越えられなかった壁もたくさんありますし、新入社員を全力で育てようという想いの強い会社だとあらためて感じました。

私の提案が響いて、
その場でお取引が成立。

印象的だった仕事

入社1年目の夏、何度となくご連絡してもなかなかコンタクトがとれなかったお客様と電話がつながり、すぐにお宅におうかがいすることになりました。最初は「取引するつもりはないよ」と素っ気ない反応。しかし、お客様のことをもっと知りたいと思った私は、投資を始められたきっかけや、ご家族のことなどをおうかがいしていきました。するとお客様の方から「それであなたは何か話があったんじゃないの?」と話を持ちかけてくださいました。お客様は国内の株式に非常に詳しい方でしたが、海外の株式には積極的ではありませんでした。そこで私は、その頃インストラクターと一緒に外国株式について勉強していたこともあり、アメリカの株式をご提案しました。幸運にもお客様が興味を示してくだり、その場でお取引をいただけることになりました。自分で考えて提案し、それがお客様に受け入れていただけたことが本当にうれしかったです。インストラクターも「すごいね!」と喜んでくれて、大きな自信につながりました。

目標と向き合うことを、楽しめるようになってたこと。

私の成長の秘訣

入社以来、私は「学んだことノート」をインストラクターとやりとりしています。毎日の気づきや学んだことを記して提出し、そこに先輩がコメントして返してくれるのですが、今見返すと自分の成長の軌跡が見て取れます。入社して間もない頃に、苦労したり悩んだりしたことが、いまでは問題なくできるようになっている。何よりこの1年で、私自身の考え方が大きく変わりました。入社前の私は大きな挫折経験もなく、全力で何かに取り組むタイプの人間ではありませんでした。それが野村證券で仕事をするうちに、目標と向き合い、責任を持ってやり遂げる姿勢が身に付いてきたと思います。また、目標に向けて努力すること自体が、楽しいと思えるようになってきました。そんな自分の新たな一面を発見できたのも、野村證券という場所が私を成長させてくれたからだと思っています。

隈本 茉里
営業部門
2016年入社

エントリー締切まで
{{ daysUntilDeadline }}
DAYS
エントリー締切
本日
まで
採用エントリー受付中!
エントリーする