せ。
2017

憧れる社員との出会いで、社会への第一歩を
ここから踏み出したいと思った。

野村證券を選んだ理由

就職活動を始めた当初は、総合商社と金融機関を志望していました。そんな私が、野村證券に惹かれた理由。それはまさに、「社員の魅力」です。野村證券の社員の方からお話を伺っているうちに、社会人としての最初のステップをここから踏み出したいと考えるようになりました。実は、最初にお会いした野村證券の社員に対し、「証券会社よりも銀行のほうが総合的な金融サービスを提供できるのではないか」という質問を投げかけました。その社員は丁寧に証券業の社会的意義や資本市場発展の必要性について教えてくれました。また別の社員の方は「野村證券でキャリアを積むと、将来、さまざまな業界でも活躍できる力が身につく」と、就職先に迷っていた私の背中を押してくれました。ここまで学生のことをきちんと考えてくれる優秀で人間的な魅力にあふれる方々と一緒に働けるということは、とても幸せなことかもしれない。私はそう感じて入社を決意したのです。

「もっと成長しなければ」という想いに
駆り立てられる日々。

入社1年目に実感したこと

入社後すぐに行われる導入研修を終えて支店に配属後、野村證券ではインストラクターのもと、社会人・ビジネスマンとしての基礎を徹底的に学びます。親身な指導でありながらも、自主性を重んじる風土の中で、私たち新入社員は「主体的な行動力」を身につけていきます。自身で毎日のスケジュールを決めてお客様のもとに赴き、どうすればお客様にお取引をいただけるのか、自分の頭で考え工夫し、行動します。もちろん、インストラクターや支店の上司、諸先輩方から受ける刺激は多く、まだまだ自分が至らないことを痛感させられる毎日です。しかし、だからこそ「もっと成長しなければという想いが自然と湧いてくるのです。お客様のために何ができるかを自分で考えて提案を行う。だからこそ日々の努力を怠ってはならない。理想の存在であるインストラクターの背中に一歩でも近づこうとすることが、私のモチベーションになっています。

お客様との「人と人」のお付きあい。
それが嬉しさを実感できる瞬間。

印象的だった仕事

まだ営業を始めて日は浅いわけですが、当初はなかなか話を聞いてくださらなかったお客様に信頼していただき、その後お取引をしていただけた時はとても感激しますし、感謝の気持ちでいっぱいになります。いま私が担当している地域は、飲食店など自営業のお客様が多く、毎日お会いする中で徐々に顔なじみとなり、プライベートでお客様のお店を訪れて食事を楽しませていただくような機会も増えてきました。そうした場では、ビジネスと関係のない話題で盛り上がることも少なくありません。ビジネスの関係を超えて、「人と人」としてのおつきあいができる。私の顔と名前を覚えてくださる方が増え、地域に少しずつ溶け込んでいく。それを実感する瞬間が最もうれしいです。まずは私という存在が、この地域の方々に認めていただけるようになること。それがこの地域に、野村證券という会社が根ざしていくことにつながると思っています。

「これでいい」から自分をさらに
奮い立たせなければ、成長はできない。

直面した壁と成長

入社してしばらくは、成果が思うようにあがらず、焦る自分がいました。他の支店の同期社員が徐々に成果をあげ始めるなか、暗中模索の日々が続きました。そんなある日の出来事。一日中お客様を訪問し、なかなか面談していただけない中、今日も諦めて帰社しようと思っていた時のことです。一念発起し、「もう一軒だけアプローチしてみよう」と気持ちを奮い立たせてお客様を訪問したところ、幸運な出会いに恵まれたのです。私が話す中、お客様が「相続」というキーワードに関心をしめされ、お宅にあがらせていただけることになりました。相続についてのお悩みをお聞きしながら、野村證券がお手伝いできることを丁寧にお伝えしました。すると「それなら今後、相談にのってもらおうか」というお言葉をいただくことができたのです。もし、「今日はもうこれでいい」とあきらめて帰っていたら出会えなかったお客様です。「一歩踏み出さなければ成長できない」ということをこの日の経験から学びました。また、野村證券がお客様のお役に立てる方法はたくさんあるとあらためて感じ、この日以降、お客様とお会いするたびに「この方はどんなお悩みを抱えていらっしゃるのだろう?」と懸命にニーズを想定しながらお話しすることを心がけています。

菊池 星
営業部門
2017年入社

エントリー締切まで
{{ daysUntilDeadline }}
DAYS
エントリー締切
本日
まで
採用エントリー受付中!
エントリーする