社員紹介

企業と企業を結び付ける、M&Aアドバイザリー業務の醍醐味。

山中 雄太 ホールセール部門 インベストメント・バンキング 2006年入社

経営判断に貢献する責任とやりがい

現在の仕事内容

M&Aアドバイザリー業務に従事する企業情報部に所属しており、各プロジェクトの執行責任者であるディールマネージャーとして、案件執行に日々注力しています。企業価値向上のために、M&Aを選択肢として検討するお客様は益々増えていると実感され、国内の業界再編やグループ内再編、あるいは海外市場における成長を企図したクロスボーダー案件等、様々なM&A取引が生じており、その中で携わらせて頂いている案件も年間相当数に上ります。
M&Aアドバイザリー業務は、企業と企業を結び付ける上での重要なサポート役です。相手企業を慎重・詳細に分析し、強みは何か、リスクはどこにあるのか、それを踏まえて、アクセルを踏むべきか、ブレーキを踏むべきかを顧客企業に対して、適時適切にアドバイスすることが重要です。このため、顧客企業や相手企業のビジネスを十分に理解した上で、財務、税務、法務その他様々な側面から分析を行い、お客様に正しくアウトプットすることが求められます。時には、企業のトップマネジメントに対して直接提言するような「痺れる」局面にも直面し、そのアドバイスによって案件の成否が左右することもあります。
現在は、常時複数の執行案件に関与、国内案件とクロスボーダー案件のいずれも担当しています。クロスボーダー案件では、海外拠点の同僚や対象企業とのコミュニケーションが深夜まで続くことも日常となり、顧客と現地を訪問し、直接条件協議・交渉に臨む機会も必要となることから、グローバルなフィールドで仕事ができ、顧客企業の成長に貢献できることに非常にやりがいを感じています。

“チーム”で最高のアウトプットを目指す

働く環境

M&Aアドバイザリー業務は、前述したような様々な側面からの分析を含め、案件執行は到底一人の力で成し得るものではなく、チームメンバーの力を合わせて、「ディールチーム」としての最高のサービス、アウトプットを顧客に提供していくことが必要となります。ディールチームは、プロジェクトの責任者となるシニアメンバーを中心に、中堅、若手の数名で構成されることが一般的です。特に若手メンバーは、先輩社員を見ながら、必要なスキルやお客様に対する対応力を徐々に身に付けていきます。自分自身も様々な先輩やチームメンバーと日々コワークする中で多くのことを学び、M&Aバンカーとしての階段を一歩ずつ上がって来たように感じます。また、お客様と日々密接に係りながら進めていく仕事であり、その中でアドバイザーとしての付加価値を高めるためには、「お客様のために」どのようなアドバイスをすべきか、そのために今何をすべきかを常に考えて行動する必要があります。野村には、このDNAが脈々と受け継がれており、強さの源泉となっていることを実感してきました。これからも顧客に満足頂けるサービスの提供を目指して、チームを牽引しながら、自分自身も更に努力して成長しなければいけないと考えています。

信頼関係という財産

仕事の醍醐味

業界図を塗り替えるような業界再編や、数千億円レベルの超大型案件、海外企業を買収するクロスボーダーM&Aなど、マーケットや紙面でも話題になるような案件に関与し、成し遂げた際の充実感は大きいものがありますが、それ以上に、顧客やチームメンバーと共に、成約に至るまでに必ずぶつかる難局面に対して、知恵を振り絞りながら一つ一つ乗り越え、ゴールに辿り着いた際の達成感は格別なものがあります。一つのプロジェクトのスタートからゴールまで、半年、長い場合には年単位の期間に及ぶこともあり、その中で築き上げた顧客との信頼関係は、プロジェクトが終わった後も消えない大切な財産として蓄積されています。プロジェクト外でご相談事項を頂いたり、新たなM&A案件においてご指名を頂く機会もあったりすることは、この仕事をやっている中で何より嬉しい瞬間であり、また新しいお客様、次のプロジェクトにチャレンジしていく上での大きなモチベーションにもなっています。

今後のキャリア

メディア等で、終身雇用から多様なキャリア設計へ、と叫ばれて久しい中「なぜ野村證券で働き続けるのですか?」は最近学生の皆さんから多く受ける質問の一つです。目の前の新しく接する物事を乗り越えるのに必死だった若手時代、仕事やプロジェクトの全体像が見えて、お客様やチームのために一つでも上の役割を担って貢献したいと奔走した中堅時代と、ステップを踏むにつれて次の目標やその時々のやりがいを感じながら、あっという間に十余年が過ぎ、正に入社来胸に掲げてきた「日本の企業・経済発展に貢献するインベストメントバンカーになる」ことが実現できるステージに立った今、一層の充実感とやりがいを感じながら日々の仕事に取り組んでいます。世界の各拠点にネットワークを有している野村だからこそ得られるプロジェクトや経験がたくさんある。だからこそ、もっともっとグローバルに活躍するインベストメントバンカーを目指して、これからも野村證券の中で走り続けたいと思っています。

山中 雄太

ホールセール部門 インベストメント・バンキング

2006年入社

オフの過ごし方

学生時代は、文武両道をモットーにしながらも、一貫して野球に注力。高校時代は三年間寮生活を送り甲子園を目指して高校野球に没頭、先輩に牽引される形で2年次春夏に甲子園の土を経験。大学時代も硬式野球部に所属し、主将を務めました。野球を中心にスポーツ全般は好きで、今でもニュースチェックは欠かしません。
現在は、妻、娘二人(3歳、2ヶ月)の家庭を持ち、週末の娘との時間を楽しみとする生活を送っています。この仕事を長く続ける上でも、健康には留意し、週末のジム通いが大切な日課。趣味の読書を通じた気分転換も重要な時間だと考えています。