に、る。
2009

長い時間軸でお客様と信頼を築き、
自らビジネスを創造できることに魅力を感じた。

FA社員を選んだ理由

大学時代、経済の授業のなかで「貯蓄から投資へ」という大きな社会の流れを学びました。低金利が続くいまの時代において、資産を通じて企業や個人のお客様の力になれるのは証券会社ではないかと、その意義を強く感じてこの業界を志望しました。なかでも、野村證券は「一番自分を鍛えられそうだ」と感じて入社を決意。長きにわたって業界をリードしている企業ですから、やはり他にはない「ハイレベルな何か」があると思ったのです。

私は学生時代のアルバイト経験などから、ビジネスするうえで大切なのは「人と人とのつながり」だと感じていました。ですから、できれば同じ場所で長く勤めて、自分と関わる方々と信頼関係を築いていけるような仕事がしたいと考えていたところ、野村證券のFA社員という働き方を知りました。転勤がない職種であると同時に、金融のスペシャリストとして自らビジネスを開拓・創造していけるチャンスに溢れている。私が求めていた仕事、働き方はこれだと直感的に思ったのです。

これからは若い年代のお客様にも、
投資の意義を伝えていきたい。

現在の仕事内容

振り返ると入社1年目の頃は、育成担当者から親身な指導を受けていたものの、なかなか成果が出せずに苦しい思いも味わいました。そんな時はいつも「これを乗り越えれば、間違いなく私の未来は明るくなる」と前向きに努力しました。2年目になると、それが少しずつ花開き、新たなお客様とお取引いただける件数も増えてきました。野村證券は、頑張っている人を全面的に応援してくれる会社です。私も3年目の時、通常ならもっと年次の高いFA社員が受講する「ハイレベルトレーニング」という高度なコンサルティング手法を学ぶ研修に参加させていただき、早くから成長できる機会を与えてもらいました。

定年退職された60歳以上の方々を中心に、いまではお客様の数は数百名にのぼります。今後は私と同じような若い年代の方々にも、将来のことを考えて、投資による資産運用の重要性を伝えていかなければと考えています。こうした取り組みを通して、より多くのお客様の力になれればと思っています。

「上級FA」になる。
そんな明確な目標があるからこそ、
仕事にもやりがいが生まれる。

成長とやりがい

入社してしばらくは、成長したいという想いはあるものの、どうすれば成長できるのかわかりませんでした。そこで「自分はこうなりたい」という具体的な目標を、常に口に出して言うことにしました。明確な夢を掲げ、周囲に公言すれば、そこに向かって頑張らなければという前向きな気持ちが自然と湧いてきます。いまの目標は、より一層プロフェッショナルな実力を有する「上級FA」になること。そこに近づいていくことに、いまは自分の成長を感じています。

FA社員の最大の魅力は、転勤がないので、お客様と長い時間軸で信頼を築いていくことができることです。焦らずコツコツと努力を重ねていけば、「影山さんに、ずっと担当してほしい」と言ってくださるお客様との出会いがあります。これから10年20年と、おつきあいを重ねていくと、その関係はより深いものになるでしょう。そうした未来を想い描くと、自然とまたモチベーションが湧いてきます。

影山 佳美
営業部門
2009年入社

山陰地方の出身。自然豊かな故郷を愛し、自分が生まれ育った地域に貢献したいという想いもあって野村證券のFA社員を選んだ。地域のお祭りなどのイベントにも、支店の仲間とともに参加。メリハリをつけた働き方を心がけ、平日の夜や休日などのプライベートもきちんと充実させるのが彼女のスタイル。