社員紹介

国債市場の流動性を提供する、役割と責任。

和気 直也 ホールセール部門 グローバル・マーケッツ 2014年入社

数学を通して知った金融の面白さ

野村證券を選んだ理由

元々私は数学が好きだったのですが、大学に入ると数学を社会の中でどう応用していくかという点にさらに興味を持つようになり、その中で金融工学という学問に出会いました。そのため私にとっては、初めは数学を通して学んだ金融市場でしたが、数学的な側面だけでは語りきれない奥深さに面白さを感じ、次第にマーケット部門で働きたいと思うようになり、野村證券で日本国債のトレーダーとして働くことになりました。日本の証券会社として自国の国債市場のトレーディングをすることは、国債市場の流動性を提供するうえで非常に重要な責任を果たさなければなりません。そうした社会的に重要な役割を私自身も担いたいと思い、野村證券への入社を決めました。

社会的に重要な役割を担うトレーディング業務の魅力

現在の仕事内容

日本国債のトレーディングデスクに所属しています。国債トレーダーは大きく分けてプライマリーディーラーとしての役割とマーケットメイカーとしての役割を担っています。プライマリーディーラーとしての役割とは国債の入札に参加をすることで国の債務である国債を財務省が安定的に発行することを可能にする役割です。またマーケットメイクとは、債券市場は株式市場のように取引所で取引されるものではなく、売り手と買い手が一対一で取引をする相対取引と呼ばれる形式で行われるため、証券会社のトレーダーが売値や買値をその時の市場に応じて提示することで、投資家が市場実勢に応じた適正な価格で安定的に売買することを可能にする、という役割です。こうした国債市場の流動性を維持・向上するという意味において社会的に重要な責務を負っていると言えます。

日々市場と向き合う、トレーダーとしての責任

仕事の醍醐味

リーマンショックや異次元緩和の開始、マイナス金利の導入など、これまでも金融市場は過去に経験のない相場を幾度となく経験してきました。そしてその時々で新しい需要が生まれ、これまでの価格から乖離した取引が行われ、それがまた新たな需要を生む、ということを繰り返しています。その中で私たちトレーダーは、セールスと情報交換をしながらお客様が将来どういったニーズが出てくるのかを適切に把握し、次の相場に向けた準備をすることが求められます。マイナス金利の導入のようにこれまでの概念が書き換えられるような局面では当然、過去の情報が全く通用しなくなることもあります。そのため年次に関係なく若手であっても、トレーダーとして新しい相場で何が起こると予想するのか、自らのポジションで将来を語る責任を感じることができます。私自身、今でもこれから先どういった相場が待っているのかと日々新鮮な気持ちで金融市場に向き合っています。

就活生の皆様へ

ある商品が100円で取引されたとき、どんなことを考えるでしょうか。100円で買った人は今後値上がりすると思い新たに買ったのか、或いは別の割高な商品を売って買っているかもしれない。反対に100円で売った人は利食いをしているかもしれないし、もしかしたら損切をしているかもしれない。たった一つの取引であっても、そこには数学的な背景だけでは説明できない様々な人・情報を背景としたストーリーがあり、それが「100円で取引が成立した」という一つの結果に表れます。こうした一つ一つのストーリーを緻密に精査したうえで私たちはこの商品を100円で買うべきか、売るべきかを考えなければいけません。将来に対してどんなシナリオを描くかはその時々で自分自身が考える必要があります。金融市場というダイナミックなテーマに対し自ら考え、行動する楽しさ、時には難しさを感じるマーケット部門での仕事は熱中してしまうほどやりがいのあるものだと感じています。

和気 直也

ホールセール部門 グローバル・マーケッツ

2014年入社

私の休日

学生時代サッカーをやっていたため、今でも休日には学生時代の友人たちと集まってサッカー観戦をしたりしています。また社会人になってからは年に一度は海外旅行へ行くなどしています。休日はマーケットのことをあまり考えず、自分の時間、友人や家族との時間を大切にすること、そして様々な分野に興味・関心を持つことで心身ともにリフレッシュした状態でマーケットに向き合えるように心掛けています。